ニュースリリース

2014/03/31 重要!東京消防庁との連絡会議

先日東京都建築士事務所協会と東京都消防庁の懇談会で使用された資料を皆様にご覧いただきたいと思います。

平成26年4月1日より、宿泊可能な医療施設、介護施設、老人ホーム等は床面積に関係なく全ての建物にスプリンクラー、自動火災警報器の設置が義務化になります。
また、平成29年3月末までに既存の全ての施設にも設置しなければなりません。

以下のリンクページをご一読下さい。

消防連絡会議